時候の挨拶
業界No.1のアフターケア 0120−5454−85

時候の挨拶とは
 
時候(じこう)の挨拶とは、慣用句などを使用した季節の挨拶のことです。手紙の内容に相応しい時候の挨拶を使って、情緒豊かな季節感を演出しましょう。
私個人としましては、形式ばった文章でない限り、「○○の候」と言うだけのそっけない時候はあまり使用いたしません。学がないせいか、「秋晴の候」と言われるだけでは、何だか味気ない気がします。それよりも、「爽やかな秋晴れの日が続いております」とした方が、こちらの気持ちもくみ取ってもらえると思うからです。
このように時候の挨拶は、その人の個性を演出する部分ですから、自分らしい時候の挨拶を身に付けたいですね。
また、頭語を「前略」とした場合は、時候の挨拶を省略してください。急を要する手紙の時など、諸々の挨拶を割愛させて頂くのが「前略」なのですから・・・。

月  時候の挨拶
1月 睦月(むつき) 新春の候 新春のみぎり
初春の候 初春のみぎり
厳寒の候 厳寒のみぎり
寒さ厳しき折
寒気ことのほか厳しく
新春とは名ばかりの寒さが続きます
謹んで新年のお慶びを申し上げます
謹んで新春のお慶びを申し上げます
二月 如月(きさらぎ) 春寒の候 春寒のみぎり
余寒の候 余寒のみぎり
晩冬の候
立春の候
余寒厳しき折がら
春の訪れを待ちわびるころとなりました
立春とは名ばかりの寒い日が続いております
梅のつぼみもそろそろ膨らみ
三月 弥生(やよい) 早春の候
向春の候
浅春の候 浅春のみぎり
ようやく春めいてまいりました
日増しに春めいてまいりました
一雨ごとに春めいてまいりました
日増しに暖かくなってまいりました
四月 卯月(うづき) 陽春の候 陽春のみぎり
春暖の候 春暖のみぎり
桜花爛漫(おうからんまん)の候
春たけなわのころとなりました
春光うららかな季節を迎え
春眠暁を覚えずと申しますが
五月 皐月(さつき) 新緑の候
若葉の候
薫風(くんぷう)の候 薫風のみぎり
惜春(せきしゅん)の候 惜春のみぎり
風薫る五月
風薫る爽やかな季節となりました
五月晴れ続く爽やかな季節となりました
六月 水無月(みなづき) 初夏の候
向暑の候 向暑のみぎり
向夏の候
入梅の候
梅雨の候
青葉の候
うっとうしい雨が続いております
初夏の風が爽やかな季節となりました
あじさいの花が美しい季節となりました
7月 文月(ふみづき) 盛夏の候
猛暑の候 猛暑のみぎり
酷暑の候 酷暑のみぎり
炎暑の候 炎暑のみぎり
暑さ厳しき折
暑中お見舞い申し上げます
梅雨も明け、本格的な夏を迎えました
海山の恋しい季節となりました
近年にない暑さですが
連日厳しい暑さが続いております
8月 葉月(はづき) 残暑の候
晩夏の候
立秋の候
残暑厳しき折
土用明けの暑さは厳しく
残暑お見舞い申し上げます
立秋とは名ばかりの暑さが続いております
朝夕は凌ぎやすくなってまいりましたが
朝夕にはかすかに秋の気配を感じるころとなりました
空の色もいつしか秋めいてまいりました
9月 長月(ながつき) 新秋の候 新秋のみぎり
初秋の候
新涼の候
清涼の候
暑さ寒さも彼岸までと申しますが
一雨ごとに秋の深まりを感じるころとなりました
朝夕めっきり凌ぎやすくなり
虫の音に秋の訪れを感じるころとなりました
10月 神無月(かんなづき) 秋冷の候
秋色の候
仲秋の候
錦秋の候
秋晴の候
紅葉の候
菊薫る今日この頃
灯火親しむころとなりました
秋たけなわのころとなりました
爽やかな秋晴れの日が続いております
小春日和のうららかな季節となりました
11月 霜月(しもつき) 晩秋の候
向寒の候 向寒のみぎり
初霜の候
霜降の候
鮮やかな紅葉の季節となりました
秋気いよいよ深まってまいりました
朝夕寒冷を覚える季節となりました
落葉散り敷くころとなりました
日増しに寒さの募る今日このごろ
12月 師走(しわす) 初冬の候
寒冷の候
師走の候
寒気きびしき折
歳末ご多忙の折
年の瀬もおしせまり
心せわしい年の暮れを迎え
年内余日少なく
今年も残すところあとわずかとなり
今年もいよいよ残りわずかとなりました

※「〜の候」は、「〜のみぎり」でもよい
※みぎり(とき、ころ)
※たけなわ(最も盛んな時期、最盛時)