敬称と宛名
業界No.1のアフターケア 0120−5454−85

受取人の敬称(けいしょう)と宛名
 
受取人の宛名は略称を避け、必ず正式名称で書くようにしてください。
(株)や(有)などの略称は失礼にあたります。ご注意ください。
企業、並びに団体へ送る宛名は、組織名、部署名、役職名、個人名の順に書きます。
役職名は、課長以上へ記入するのが一般的です。
個人名についても苗字だけではなく、正式なフルネームを記入してください。
また、世間一般に「先生」と呼ばれる職種の方は、「○○先生」とします。

そして、名前も含め宛名だけは絶対に間違えないようにしましょう。
漢字も事前に調べて、必ず正しい字を記入してください。
頭語と結語がかみ合っていなかったり、時候の挨拶が多少間違えていたとしても、
笑って済まされる可能性がありますが、宛名の誤字・脱字は論外です。
例え素晴らしい文章に仕上がったとしても、あなたの誠意と信頼を損ないかねません。
手紙を書く上で最も注意しなければいけないのが、この「宛名書き」だと、私は考えています。

手紙の宛先 敬称 具体例
企業・官公庁・団体 ○○御中 MINOMO御中
株式会社MINOMO御中
同一文を多数の受信者へ
宛てる場合
○○各位 株主各位
※株主様各位とはしない
役職宛 ○○殿 営業部長殿
※名前が分る時は下記を使用する
役職名の付いた個人宛 役職名 ○○様 営業部長 鈴木貴文様
個人宛 ○○様 鈴木貴文様
先生宛 ○○先生 高橋先生
※高橋先生様とはしない