業界No.1のアフターケア 0120−5454−85
余白設定とは印刷をするときにどこから印刷するかを決めることです。
ここでうまく設定できてないと、綺麗に真中に印刷できません。
 

それでは、上のメニューにある「ファイル(F)」をクリックし、ファイル設定のプルダウンメニューを開いてください。
次に、「ページ設定(U)」をクリックしてください。「ページ設定」画面が表示されます。

「ページ設定」画面が表示されたら、上にある「余白」タブをクリックしてください。

すると下図のような画面が表示されます。

上下左右の右側に数字がありますね?
この数字がどこから印刷を開始するかを表しています。
ここを変更すると印刷を開始する場所が変わります。
そして今回は、印刷物が左に2〜3mmずれてしまう場面を想定して修正します。

画面と比べ印刷物が左に2〜3mmずれるということは、画面よりもプリンタの印刷が2〜3mm左側で開始されているということですよね。
ですから、左の余白に2〜3mm加算すれば、プリンタの印刷開始位置が2〜3mm右側にずれるので、結果真中に印刷されるようになります。
但し、余白の間隔自体もプリンタによって異なりますから、1mm加算して上手くいくプリンタもあれば、4mm加算しないと真中に印刷されないプリンタもあるかも知れません。これだけは色々と試してみて、使用するプリンタの癖を理解してください。
また、余白なし印刷が出来ないプリンタでは、上下左右の余白を小さくし過ぎると、下図のようにエラーメッセージが出力される場合があります。


この時に、「修正」ボタンをクリックすると、お使いのプリンタで印刷できる最小値に変更されます。
 

それでは印刷する前に、一度ファイルの印刷イメージを確認しましょう。
印刷イメージの確認は、印刷プレビューで行います。

上のメニューにある「ファイル(F)」をクリックし、ファイル設定のプルダウンメニューを開いてください。
続いて、「印刷プレビュー(V)」をクリックしてください。
すると、改行マークなどが表示されない印刷イメージが表示されます。
これで綺麗に真中に表示されればOKです!