頭語と結語
業界No.1のアフターケア 0120−5454−85

頭語と結語とは
 
私生活において挨拶が重要であるように、手紙や文面においても挨拶は必要不可欠な要素です。
日常的な挨拶、例えば「おはようございます、お疲れ様でした」、「おじゃまします、おじゃましました」、「いただきます、ごちそう様でした」と同じ感覚で、文章の始めと終わりに使われる挨拶が「頭語(とうご)と結語(けつご)」です。
普段の挨拶同様、頭語と結語にもその場面に適した組み合わせがあります。
本内容以外にも様々な頭語と結語や、その組み合わせがありますが、ここではごく一般的で、どなたでも使えそうな例をご紹介させていただきました。
使い方をよく分からない人が一般的な手紙を書く場合は、あれこれと思い悩まずに「拝啓−敬具」を使いましょう!

手紙の内容 頭語 結語
一般的な手紙の場合 拝啓 敬具
一筆申し上げます かしこ(女性)
あらたまった手紙の場合 謹啓 敬白
謹んで申し上げます かしこ(女性)
初めて出す手紙の場合 初めてお手紙さし上げます 敬具
かしこ(女性)
突然お手紙をさし上げる失礼をお許しください 敬具
かしこ(女性)
急用の手紙の場合 急啓 草々
とり急ぎ申し上げます かしこ(女性)
前文省略の手紙の場合 前略 草々
前文お許し下さい かしこ(女性)
再信の手紙の場合 再啓 敬具
重ねて申し上げます かしこ(女性)
一般的な手紙の返信 拝復 敬具
お手紙拝見いたしました 右ご返事まで
かしこ(女性)
あらたまった手紙の返信 謹復 敬白

※「かしこ」は女性専用の結語です。